お問い合わせフォーム

どうも、あおやんです( ´ ▽ ` )ノ 三十路独女の日々の雑記

兵庫在住の三十路独女です。取扱ジャンル【30代独女】【ゲーム・漫画】【恋愛・婚活・結婚】【つまらない話】


スポンサードリンク

色彩検定を選んだ理由

おはようございます、あおやんです!

今日はちょっぴり真面目な路線で。

 

カラー系の検定でもメジャー所と言えば色彩検定カラーコーディネーター検定ですよね。

 

あおやんは一応色彩検定2級は取得しておりまして、今年11月に行われる1級に向けてただいま勉強しております。

 

なのでざっくりですが、色彩検定をチョイスした理由、取得するメリットなどをお話していこうと思います。

 

色彩検定は、カラーコーディネーター検定に比べて、どちらかといえば社会的な認知度が高いです。面接でもそれなりに有利。「文部科学省後援」という表記なのも地味に信頼度がある。

 

それより何よりも、カラコ検定よりも試験の難易度が低めに感じた(笑)これは受ける人によって変わってくると思うので確かな事は言えませんが。

 

テキストをざっと見た感じやと、カラコ検定の方がどちらかと言えば覚える項目が多くややこしい印象でした。
合格率もそこまで差は無いですが、色彩検定の方が少しだけ高めです。

あと、色彩検定は問題の難易度により合格ラインが変わります。
これも合格率に関係しているのかも知れません。

 

 

色彩検定→各級ともに配点の約70%前後で、問題の難易度により変化。

カラーコーディネーター検定→各級ともに配点の約70%以上で合格。問題の難易度により変化する事はない。

 

これけっこうでかいんですよー。たとえば70%である140点にギリ届かなかったとしても、その時の難易度によっては合格できますからね。
夢がありますねw

あおやんは2級はなんとか心配ない得点で突破できましたけど、1級受けるとなるとやっぱり運の力も借りないと難しいと思いますから(笑)

 

☆まとめ☆

まとめてみると、色彩検定を選ぶメリットは

 

カラーコーディネーター検定に比べてどちらかと言えば難易度が低め。

☆合格率が変動する為場合によっては優位に

☆知名度及び面接での強み

 

ちなみに、受験料はカラコ検定の方が2〜3000円ほど安いです(笑)

 

あと色彩検定はファッション分野に強く、カラコ検定は学術的・工業的な分野に強いとされています。

自分の進みたい進路に合わせてどちらの資格をチョイスするか、一度考えてみても良いと思います。

 

まぁあおやんはこの資格取って何やりたいか明確な目標ある訳じゃないんだけどねw
いまだに工場勤務やし、副業でイラスト描くのに2級の知識を応用してる位です(笑)

 

ただこれぞと決めた資格が1つ取れれば、今後の人生のどっかで役に立つと思いました。
あおやんにとって、勉強したいなーって思ったのがカラー系のものであっただけ。

 

あわよくばもっとセンスを磨いていきたいですね。
その人や物にとって、どんな服装や配色が似合うかとか自然に頭の中でコーディネートできたら素敵やなあって思うんです。

 

意外にも感覚人間なところのあるあおやんでした(*⁰▿⁰*)

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク