お問い合わせフォーム

どうも、あおやんです( ´ ▽ ` )ノ 三十路独女の日々の雑記

全力で雑記です。【30代独女】【ゲーム・漫画】【恋愛・婚活・結婚】【兵庫県民】どれかにピンときた人なら楽しく読める…かもしれない。


スポンサードリンク

我が家に猫がやってきた

どうも、あおやんです( ´ ▽ ` )ノ

 

お盆の始まりとともに、とうとう我が家に猫がやってきまして。

 

f:id:aoyaram:20170814212026j:image

 

まぁ、もともとあおやん家の猫ちゃんなのですがw

 

この子の経緯はなかなか複雑でして。

 

2歳→初代飼い主の元からあおやん宅にやってくる

9歳→あおやんの諸事情により、あおやん祖母宅に預けられる

13歳→祖母の体調不良により再びあおやんの元へ戻る

 

って感じです。

この9歳時の「あおやんの諸事情」っていうのがもう完全な若気の至りっていうか黒歴史すぎるんで振り返りたくもないんですけど、この黒歴史の時期あたりから、猫ちゃんをかなり振り回してしまいました。

 

できる事ならもう、ケージに入れたり、車に乗せたりなんてさせたくないです。

今回の引越し先の徒歩圏内に動物病院があって本当に良かった。

新居にも既に馴染んできてるようで良かった。

 

猫ちゃんを引き取った当時、あおやんは21歳でした。

安易に飼う事を決めた当時の自分を一発殴り飛ばして説教したいですね。

 

動物飼うのって、生半可な覚悟で決める事では無いと思います。

自分の環境がどう変わってしまう事になろうと、その子の一生を自分が最後まで見届けるんだという決意を持って挑むべき事であると。

 

当時のあおやんはその覚悟も足りないまま猫ちゃんを引き取ってしまった訳で。

結果的に振り回し続ける事になってしまい、今に至っています。

 

なんだかんだ言ってますがこの子はあおやんにとっては大切な友達です。

彼女を引き取る資格はそもそもあおやんには無いと思っていますが、ここまで関係を深めてきた以上この子の一生を見届けるのが自分の役目であると思っています。

 

でもそれはこの子にとって幸せな事なんだろうか。

とかなんとか悩む事も多いです。

正直週に2〜3回は悩んでるんですけど、まぁ答えなんて出るわけありませんよね。

猫の気持ちは猫にしかわからないんで。

でもそうやって悩む事もまたあおやんに課せられた試練というかなんというか。

 

できる事ならこの子にとって最高の環境で飼ってあげたかったなぁとか思うんですけど、最高の環境ってなんなんだ?って感じですよね。

 

とりあえずそれなりに今の環境にも馴染んできてくれている事は幸いです。

あと一緒に飼ってくれる事を許してくれているツレにも感謝しかありません。

しかも猫たんめっちゃ可愛がってくれます。

かなりありがたい。

 

ツレが普通に良い人すぎるだけに、対するあおやん自身が不甲斐なくて申し訳無くなってくる今日この頃です(´ω`)

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク