主婦でフリーランスな三十路女の雑記ブログ

主婦でフリーランスでゲーム好きな三十路女です。


スポンサードリンク

f:id:aoyaram:20180807011738p:plain

そこまで早急に子供を欲していない34歳の適当な妊活

どうも、あおやんです( ´ ▽ ` )ノ

結婚1年生です。

 

歳も歳なのでとりあえず子供作ろうぜ的なライトなノリで妊活をしているのですが、夫婦双方とも現状そこまで子供を熱望しているほどでもないので、世の悩める妊活女性方にぶっ飛ばされそうなナメた妊活スタイルになってしまっています。

 

基礎体温すら測らない、ただただタイミング勝負という超激甘な妊活。お酒はちゃんとやめてます。

ただし旦那に至っては勝負かけるタイミングすらわかっていない状態です。良く言えば自然に任せているとも言えます。あおやんが自分から「ヘイ旦那!今夜トゥギャザーしようぜ!」って言えないタイプなのも大きいですね。

 

リラックスして取り組めているという意味では良い妊活環境ではあるのですが、いかんせん「子供を心の底から欲している!!」と言う情熱に欠けていることが我が家のネックとも言えます。「今すぐじゃなくてもなぁ…」みたいなのがやっぱどっかにあるんです。

 

もう少し恋人気分というか新婚気分でいさせて欲しい気持ちもありますし、年齢的に一刻も早く産んでおきたいという気持ちもありますし、難しいところですね。

今すぐじゃなくても「いつかは子供欲しい」という気持ちは根底にあるだけに、産むのが遅かったら遅かったで色々と困るわけなんですよ。晩婚(?)の痛いところであります。

 

ちなみに国内の平均結婚年齢(男31歳・女29歳)をオーバーして結婚したら晩婚と定義される考え方と、アラフォー突入のタイミングである35歳以上での結婚を晩婚とする考え方に分かれるそうです。

どのみち晩婚社会なんだね日本…。

 

猫が我が子的な存在

 

さらに我が家の場合、猫ちゃんが我が子的な役割を果たしてしまっているのも大きいのだと思います。

 

f:id:aoyaram:20190508072159j:image

 

もう…こんな愛くるしい生き物を我が子と呼ばずしてなんと呼べば良いのか。

まぁ高い確率で先立たれてしまう悲しみはありますし、血が繋がっているわけでもないのですが、それでも我が子と変わらない家族の一員です。

 

運が良かったらリアル我が子と猫ちゃんを対面させられる日が来るかもしれませんし、その光景を写真に収めて一生の記念にしたいというエゴな目標もあります。はたして実現するのかどうか。

 

マタニティヨガには憧れる

 

あおやん、妊娠したらぜひやってみたいことの一つが「マタニティヨガ」なんですよね。

 

ヨガって体力づくりとかダイエット目的で覚える人多いと思うんですけど、実はメンタルを鍛えるという意味でもヨガは最適だそうなんですよ。

 

自分は体力ヒョロヒョロのヘタレ人間なんで、妊娠・出産・子育てを乗り越えていける体力づくり・メンタルトレーニングの為にマタニティヨガは絶対にやりたいと思っております。

 

1〜2年後くらいでも良いかもしれない

 

ぶっちゃけると見出しの通りですw若い頃は「高齢出産だけは避けたい…」とか思ってたんですけど、今じゃむしろ35オーバーの高齢出産ママとして慎重に扱って頂ければという打算的な思いから高齢出産も致し方無いと考えております。

34で産むのも36で産むのもそんな変わらない気がしますし。

 

ただ1〜2年後から妊活始めてたら正直遅いじゃんって話です。歳も歳なんですぐ授かれる保証もないし。

となると今から妊活するのがベターと言えばベターなんでしょうね。妊娠しやすい体質かどうかだけでも先に調べてもらった方が良いのでしょうか。

 

家族が増えるという幸せ

 

まだ入籍したばかりなので家族が増えたという感覚はあまりないのですが、一緒に生きていく人がいるというのはなんとも心強いですね。

かつては1人でいることが苦にならない時代もありましたけど、やはり自分は1人では生きていけなかった様です。

 

これからさらに1人、2人と増えて立派な所帯を持つことになるのかと思うと感慨深いものがあります。

何人増えるのか、それとも夫婦2人のままなのかは神のみぞ知るといったところですが、当面はのらりくらりとマイペースな妊活スタイルが続きそうです。

それでは、また〜^ ^

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク
【おすすめ美容ブログ】 ↓↓↓ f:id:aoyaram:20180622024052p:plain