主婦でフリーランスな三十路女の雑記ブログ

主婦でフリーランスでゲーム好きな三十路女です。


スポンサードリンク

f:id:aoyaram:20180807011738p:plain

お題「迷い」と「決断」。長年の腐れ縁男から脱却した話

どうも、あおやんです( ´ ▽ ` )ノ

今回は久々にお題やらせていただきます。

 

え〜、今回のお題は「迷い」と「決断」ということで。

あおやんが、ここ数年で最も迷いに迷って、そして決断したことといえば「元彼からの完全なる脱却」であると断言できます。

 

あおやん当時31歳。今から2〜3年前くらいの話ではありますが、元彼との腐れ縁関係に心が疲れ切ってしまっていました。

完全に縁を切った方が良いのは明らかなのに、長年の依存心から切るに切れない状態が続いていたんですね。

 

9年続いた元彼との関係はまさに「小悪魔男に入れ込む都合の良い女」を体現したかのようなもので、うまくいってる時といってない時が、寄せては返す波のように交互にやってくるような感じでした。

 

恋愛は惚れたもの負けとはよく言ったもので、当時は完全に私の方が依存してしまっていました。

向こうもそれを感じ取ってか逃げる時もあれば、しばらくすると寂しくなったのか急に優しくしてくることもあったり、情にほだされて付き合ってくれるのはいいがすぐに別れを告げてきたりと、とにかくそれの繰り返し。

ゾンビみたいな関係性でしたね、今思えば。振られた時点でやめときゃ良いのにやめられなかったんです。恋は本当に盲目になるというか、アホになる病ですね。

 

(追記:後から調べてみたところ、上記の様な事例は「回避依存症タイプ」の恋愛に多いそう。もしかしたらこの元彼は回避依存症もしくはその予備軍だったのかも知れませんね。)

 

私もさすがに「こんなものはまともな人間の関係ではない」と30歳あたりから気付き始めます。ただそれでもなかなか絶縁という決断には至れなかった。いくらいびつで歪みきっていたとしても、元彼と積み重ねてきた年月を失ってしまうのが怖かったんですね。

 

そのままさらにダラダラと、なんの進化もないまま1年が経過したところで、漠然と思ったのが「こんな状態を10年も続けてたまるか」ということ。もうこの時点では想いもかなり冷めてきていましたし、精神的な疲れもMAXに近くなっていました。

そして、元彼との関係が始まって10年目のタイミングを節目に、このまま不毛な想いを続けるか続けないかをここで決断しようと思ったんです。

 

共通の友人の後押しもあり、元彼に最後の告白をLINEで送ったところ(もはや会ってすらもらえなかった段階だった為)、やはりあえなく撃沈。

私との将来は1ミリたりとも考えていなかったのだということを思い知らされました。

 

同時に、長年の依存と執着心から解放され、心が本当の意味で自由になれた瞬間でもありました。

 

この決断までが遅すぎた為に、気付いたら31歳になってしまっていたあおやん。

年齢も年齢なので、振られた勢いでヤケクソのように婚活を始めてみたところ、2ヶ月もしないうちに旦那となる男性と付き合い、たった2年ほどで結婚できました。

本当にあの9年はなんだったのかという感じです。

 

…と、これがあおやんの近年最大の「迷い」と「決断」の小話でした。

「長年の腐れ縁男から離れる」という決断をしなかったら今の幸せはなかったかもしれません。

 

今現在、「長年の腐れ縁男」に悩まされている女性の皆様。

思いを決してぶった切ってみたら、幸せが待っているかも知れませんよ。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク
【おすすめ美容ブログ】 ↓↓↓ f:id:aoyaram:20180622024052p:plain