ゲーマー主婦の雑記ブログ

家事・育児しながらゲームを嗜む毎日です。


スポンサードリンク

昔の嫌なことを思い出して辛い時の処方箋

f:id:aoyaram:20210918053258p:image

 

どうも、あおやんです。

 

今回は久々にシリアスな話題になるんですけどね、私けっこう過去の嫌な思い出に心を縛られやすいタイプでして。

 

それをわざわざ身内や周囲に漏らすことはないんですけども、時々1人で思い返しては鬱々した気分になります。

 

特に20代後半〜31歳くらいは人生で最も精神的にキツかった時期でして、今36歳で本厄とか言われてる時期にあたりますけど、私からしたら28〜31歳の方がよっぽど厄年でしたね。

 

今となってはもう「嫌な過去をいちいち思い出してストレスを溜める」ということに慣れてしまったのもあってか、そんな時に気分を切り替える方法みたいなことも考えるようになりました。今回はそんな気分転換術を少しお話しようかと思います。

 

1:「過去は変わらん」と割り切る

起きてしまったことは基本的には変えられないし、自分がやらかしたこと、言ってしまったことなども変えることはできないと割り切るだけでも気分が違ってきます。

 

割り切ることができたら、あとは今後自分がどう行動すれば良いかを考えてみるとなお良いです。自分の未来をマシにするために動く、考えるって大事だなぁと思います。

 

2:「嫌われても構わない」と割り切る

人間関係の嫌な過去を思い出してしまうことも多いです。そういう時は「嫌われてても良いや」と思う様にしてます。

 

ここでもまた未来のことを考えるのがキーになってくるんですけど、新しい出会いに希望を見出せば良いのではと。

 

たとえばの話ですが、友人なり恋人なり、大切な人から徹底的に嫌われてしまって修復不可能となってしまった場合とかあるじゃないですか。

 

そんな時はその相手の気持ちを尊重して離れる。自分は自分で新しい人間関係を構築し、同じ間違いを繰り返さないよう気をつける、みたいな感じです。

 

古い人間関係は捨てる、とかじゃないですけど、こじれた人間関係にしがみついてても結局自分が辛いままなのでよくないなーと思います。

 

3:「人生は死ぬまでの暇つぶし」と割り切る

あまりに極端な考え方ではあるんですけど、死んだら今の悩みも過去のトラウマもすべて無に帰す訳じゃないですか、本人にとっては。

 

今ある悩みやトラウマもあと50年くらい経ったらたぶん消え去ってるはずなので、その時がくるまでどれだけ楽しいことして生きるかを考えるのもわりと気分転換になります。

 

4:「過去の自分はダメ人間」と割り切る

私自身が昔はクソ駄目な人間だったので、それを認めるだけでもかなり気は楽になりました。良い意味で自分に期待しなくなったというか。

 

自分に期待しないでおくと、ありがたいことに周りが「お前はダメ人間なんかじゃないよ」と言ってくれた場合気が楽になります。「いや昔のお前ほんとクズだったよねwww」とか言われた場合は諦めて受け入れましょう。

 

自分に期待しないことで、自分の力量を超えていることにチャレンジしなくなるので失敗することも減ります。めっちゃネガティブな考え方ではありますが、これも自己保身です。自分にできそうなことだけやっておけばいいと思います。

 

5:誰かの為に生きる

私はよく過去の自分の行いに対して罪悪感を感じることが多いんですけど、やっぱりそれも変えられない過去なんですよね。

 

償いじゃないですけど、昔自己中に生きていた分今後は家族とか近しい人の為にできることをやろうという気持ちが強くなりました。

 

私が死んだら身内が悲しむから生きるし、身内が困るようなことは極力やらないように心掛けています。

 

まとめた

最後になりますが、別に私病んでませんw

ただ長年いろいろ気にしすぎで「ストレスを溜めることに慣れた」みたいな状態ではあるんで、体調の方はけっこう心配です。とりあえず1年以内に人間ドックか胃カメラ受けたい。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク
【おすすめ美容ブログ】 ↓↓↓ f:id:aoyaram:20180622024052p:plain