ゲーマー主婦の雑記ブログ

家事・育児しながらゲームを嗜む毎日です。

【ゲーム特化ブログはこちら!】 あおやんのゲームブログ

親戚の家に野良の子猫が4匹住み着いてた話

どうも、ニャンコには目が無いあおやんです。

 

母親の実家であり、今は母の姉(私から見たら叔母)が1人で暮らしている田舎の古民家があるんですが、そこに子猫が4匹住み着いてしまったそうで。こいつは大変だ!

 

捕獲(保護目的)することになった

f:id:aoyaram:20220512005253p:image

 

叔母の家の裏は洗濯場兼物置部屋になっているんですが、なにせ古い部屋で外に通じる隙間だらけになっているそう。

 

子猫達はその隙間から入りこんで住処にしちゃったみたいなんですね。たぶん母猫が家のすぐ側で産んじゃったんでしょう。

 

実は猫がとても苦手な叔母。完全に追い払うことが難しいようで悩んでいたところ、うちの母(猫好き)が首を突っ込み「できる限り保護したい」という流れになったみたいです。

 

まあ叔母の気持ちもわからんでもなく。洗濯場に入る度に自分の苦手な生き物がずっと徘徊していて、追い出してもまた戻ってくるとなれば、普通にキツい。

 

保護しながら飼い主探し

f:id:aoyaram:20220512005304p:image

 

なんでこの話がわざわざ私のところまで回ってきたのかと言うと、私の友人(猫ガチ勢)が「猫を引き取りたい」と前々から希望していたことがきっかけですね。

 

そのことを私から聞いていたうちの母が「友人に声をかけてみてはどうか」と連絡してきてくれた訳です。

 

確かに、以前からその友人に「もし猫を保護することがあれば声をかけてくれ」とは言われていました。

 

実際彼女に連絡してみたところ、できれば引き取りたいと希望してきたので、この時点で私も首を突っ込むことになった感じです。

 

ただ猫ガチ勢の彼女の家には既に先住猫が2匹居て、あと飼えるのは1匹が限界であるとの事。

 

さらに家の中に先住猫と子猫を隔離できるほどのスペースが無いそうで、エイズと白血病検査で子猫の陰性が判明するまでは受け入れが難しいと。

 

そりゃそうだ。飼い猫と野良猫の接触は基本的にタブー。万が一病気を持っており感染でもしてしまえば取り返しのつかないことになります。

 

よって2匹までであれば、うちの家の空き部屋にて数ヶ月隔離・保護することになりそうです。

うちにも先住猫がいますが、家の構造上子猫とは完全隔離が可能になっており都合が良いので。

 

そして、もし無事に4匹保護できた場合は残った3匹の譲渡先を探さなくてはなりません。

旦那の周りなどでアテが無いことはないのですが、たぶんこの里親探しが一番大変かなぁ…。

 

もし引き取り手がいない場合は我が家にもう1匹お迎えしても良いんじゃないか、と個人的には考えています。

まあそこは先住猫とうちの娘との相性、さらには旦那との相談次第かな。

 

こういった生き物の命に関わる話に首を突っ込んだ以上、最後まで責任持って関わらないといけないよなぁ。

 

野良猫を保護目的で捕まえるということ

f:id:aoyaram:20220512005315p:image

 

こういう話に出くわす度に考えるのですが、外で自由に生きている野良子猫を飼育・保護目的で捕まえるのは本当に良い事なのかなと悩みます。

 

今回の件であれば子猫の存在により迷惑を被っている叔母が居て、追い払っても効果が薄いようなので保護を正当化できる理由は一応あるんですがね。

 

ただそれでも考えてしまうんですよね。「この子らは野良猫として自由に生きたいのではないか?」と。

 

人間側の言い分としては、「野良猫を捕まえ保護することにより、保健所に連れていかれたり車に轢かれたりで命を落とす不幸な猫を減らすことができる」だと思うんですよ。実際その通りであるし。

 

さらに猫はめちゃくちゃ繁殖力の高い生き物です。

捕まえて避妊手術を施し、元いた場所に返すことで後々殺処分されてしまう不幸な猫を減らそうと言う、いわゆる「地域猫」をつくる活動をしている人達もいます。

 

「野良猫の保護」という取り組みは、最終的に野良猫の数を0にするということを目的の一つとしているのだそう。(ちなみに近年あまり見かけなくなった野良犬は、見つけ次第処分の対象らしい…キツいなぁ…)

 

人間社会的に保護は間違っていないんだろうけど、自由に生きたい動物達からしたら「ほっといてくれや!」って感じだよね…。

 

野良猫として自由に、太く短く生きるのか。

飼い猫として安全な場所で人間と共存しながら長生きするのか。

 

どちらが良いのかなんて、一概には決められませんよね…。どちらにせよ猫の運命を人間が勝手に決めているのは確かな訳で。

 

こればかりは、どこまでも人間のエゴだよなあと思わずにはいられないです。

 

どうなる捕獲作戦

 

母親曰く、子猫達を手で捕まえるのは難しいので捕獲器を借りるか自分で作るかして捕獲を試みるそうです。

 

可能であれば母猫も捕獲し避妊手術を施して、地域猫にするというのが保護団体的には正解?みたいなのですが、母猫のみ家の中には入ってこないそうなので現実的には難しそう。

 

というか部屋に穴が空いてるからこういうことが度々起こる訳で、とりあえずこの件が無事に解決したら猫が入ってくる部屋をリフォームした方が良いと進言しようかと思います。

 

進展があればまた記事にしますね。(捕獲失敗するかもしれないけど)

それでは〜。



プライバシーポリシー/免責事項

当ブログへのお問い合わせはこちら

【ブログ村ランキング参加中!応援クリックお願いします】
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

スポンサードリンク